異議あり
市民ネットワーク北海道
 
市民ネットとは
|
市民政策
|
議会質問
|
リンク
|
ご意見
私たちは取り組んでいます
脱原発、核廃棄物問題 市民風車
子ども・教育
ごみ・環境問題
福祉
女性
遺伝子組み換え・食
シックスクール
市民自治・まちづくり
議会改革
当別ダム
憲法・教育基本法
平和・人権・共生
その他
 
地域ネットの主な活動
 
陳情・要望

北海道知事に「米軍オスプレイの北海道大演習場等における訓練に関する緊急申し入れ」を提出(2017.5.1)

防衛大臣に「米軍オスプレイの北海道大演習場等における訓練に関する緊急抗議及び申し入れ」を提出(2017.4.26)

内閣総理大臣、 衆議院議長に 「『組織的犯罪処罰法改正案』いわゆる『共謀罪』の閣議決定に対する抗議と法案の廃案を強く求める要望」を提出(2017.4.7)

 
カンパをお願いします
 
〒060-0041
札幌市中央区大通東2丁目15-1 サラサビル4F
事務所地図

「組織的犯罪処罰法改正案」いわゆる「共謀罪」の成立に抗議するとともに同法の即時廃止を強く求める要望

 6月15日、「組織的犯罪処罰法改正案」いわゆる「共謀罪」について、参議院本会議において、参議院法務委員会の中間報告がなされた上で、同委員会の採決が省略されるという異例な手続きにより、本会議の強行採決が行われ、成立しました。同法案は「共謀」の文言は使っていませんが、過去三度国会に提出されながら国民の大きな反対によって廃案となったいわゆる「共謀罪法案」そのものです。「共謀罪」は相談や合意だけでなく、準備行為を加えて処罰条件を限定するとしていますが、どのような相談や準備が犯罪になるかは捜査機関の裁量にゆだねられ、憲法が保障する「思想・信条の自由」や「言論の自由」を奪う違憲立法であると同時に、刑法の土台を根底から覆すものです。
 政府は「国際条約批准のために必要」だとしていますが、実際に条約を批准した187カ国のうち、法整備をした国は2国(ノルウェー、ブルガリア)だけであり、日本弁護士連盟が指摘しているように、「共謀罪法案」がなくても条約批准は十分可能です。しかも、日本はテロ防止のための13の国際条約を締結しています。
 また、政府は、「2020年の東京オリンピックを開催できない可能性がある」として世論の同意を誘導しようとしていますが、組織的な犯罪が行われた場合でも現行の国内法で十分に対応可能です。政府は、あくまでも犯罪主体は「組織的犯罪集団」に限定していること、「計画」が存在し「準備行為」がなされることを処罰条件とすることをあげて、人権侵害などにつながるものではないと主張しています。
また、法案の目的に「テロ」の文言がないにもかかわらず、条文には「組織的犯罪集団」に「テロリズム集団その他の」が付き、「その他の」は捜査機関によりいくらでも恣意的に解釈される危険性があります。国会答弁でもいわゆる「普通の団体」でも「性質が変わったと認められた場合は処罰対象」と明言しています。「性質の変化」を決めるのは捜査機関です。原発や米軍基地の問題、巨大開発に反対する環境保護の活動など政権の意向に反対する市民も「威力業務妨害」で処罰対象とされかねません。「計画」「準備行為」について、金田法務大臣は「メールやラインでも犯罪の合意が成立することはあり得る」「『合意』と『準備行為』の判断は捜査機関だ」と国会で明言しています。
 「内心」の「合意」だけで処罰につなげ、市民生活のあらゆる局面での徹底した監視が許された戦前の「治安維持法」のもと、多くの市民や団体が弾圧され、国民を戦争へと駆り立てていった歴史を繰り返すことは断じて許すことはできません。
 市民ネットワーク北海道は、国民の「思想・信条の自由」や「言論の自由」を侵害し、監視社会につながる「共謀罪」法の成立に抗議するとともに、同法の即時廃止を強く求めます。

2017年6月15日
内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長に提出


トピックス

■遊びで育つ こどもたち(2017.6.26)
■そのワクチン ほうとに必要ですか?(2017.6.26)
■「組織的犯罪処罰法改正案」いわゆる「共謀罪」の成立に抗議するとともに同法の即時廃止を強く求める要望(2017.6.16)
■憲法施行70周年 −「安保関連法」廃止・「共謀罪」阻止!守ろう!憲法集会−(2017.5.23)
■誰もが安心して利用できる公共施設を(2017.5.23)
■米軍オスプレイ道内訓練の中止を(2017.5.23)
■4.26チェルノブイリデー 「鎌仲ひとみ 講演会」報告(2017.5.23) 
■中学生に向けたデートDV予防教育の早期実現を(2017.5.23)
■緊急! 市民フォーラム 「札幌市子どもの貧困対策計画」を考える(2017.4.28)
プライバシー侵害が懸念されるICT活用に異議あり(2017.4.21)
■ホームレスなど生活困窮者への伴走型支援の拡充を(2017.4.21)
■第12回GMOフリーゾーン全国交流集会inさが 報告
今、危急。命の食を取り戻そう!(2017.4.21)

■丘珠空港周辺の住民の生命や環境を守り、 「ジェット化、滑走路延長、増便」に NO!の声をあげ続けよう!(2017.3.24)
■「都心アクセス道路」は本当に必要か!?(2017.3.24)
■在宅ケアを必要とする子どもたちの今(2017.3.24)

■「放射能汚染防止法」を制定する江別市民の会設立及び学習会報告 未来への責任・・・私たちの責任とは? 「放射能汚染防止法」の早期制定を!(2017.3.24)

■原発ゼロ社会の実現を!(2017.3.24)
■地方公務員法・自治法改正の問題点(2017.2.20)
■自治基本条例を生かしたまちづくり(2017.2.17)
■堀弘子 議会リポート 2017年冬号(2017.2.17)
■〈未来への責任〉
子どもたちを守るため 「原子力公害取り組み月間」の活動を拡げよう!(2017.2.16)

■地方議会議員の「厚生年金」加入に反対(2017.1.20)

■化学物質の指針に子ども基準を!(2017.1.20)
■地域から政治を変える(2017.1.20)
人間らしい働き方を考える 働くことは、私の権利 (2017.1.18)


代理人
札幌市議会 石狩市議会
石川さわ子
くましろ知花子
堀 弘子
 
北広島市議会 江別市議会
鶴谷さとみ
田辺ゆう子
ほしば芳子
   
 
 
 
 

お知らせ


学習会「むし歯とフッ素」
日 時:7月8日(土)10:00〜12:00
場 所:地区館るくす 2Fホール
      (手稲区前田4条10丁目)
講 師:堀 弘子
  (代理人、フッ素問題全国連絡会事務局)
参加費:300円
託  児:一人300円
     (託児申し込み締め切り 6/30)
主 催:市民ネット手稲

ワクチン学習会(予定)
日 時:9月3日(日)10:00〜12:00
場 所:白石区民ホール
     (白石区南郷通1丁目8-1)
講 師:本間 真二郎さん(小児科医)