町立ニセコ高校 公開授業に対する 北海道経済産業局の「教育への不当な介入」に強く抗議 !

2017年10月16日、ニセコ高校は、山形定さん(北大工学研究院助教)を講師に公開授業「ニセコでエネルギーと環境を考える」を行いました。18年4月5日の新聞報道によると、高校は事前取決めに基づき山形さんの資料を北海道経産局に送付しました。翌日、同局の部長と課長は、山形さんを訪問し、原発の発電コストや事故発生時の危険性を説明した資料等について「他の見解もあるのではないか」と指摘し、福島原発の水素爆発時の写真について「印象操作」として変更を求めたとのことです。講演は、経済産業省資源エネルギー庁が主催する「エネルギー教育モデル校」事業の一環として行われました。これは、原発再稼働への地ならしに他ならず、国の教育への不当な介入であり許すことはできません。抗議するとともに事業の中止を求めました。
市民ネットワーク北海道は、脱原発、再稼働阻止に向け、今後も多くの市民と連携し、粘り強く活動を続けます。

代理人 干場 芳子(江別市議会議員)

生活クラブ運動グループで抗議しました。 (北海道経済産業局にて)

 

Follow me!