市民ネットワーク北海道
ホーム
 


江別市議会議員

 

食の安全・環境問題に取り組み、子育て支援や介護など、地域に必要なコミュニティ事業を立ち上げ、支援してきました。働く場があり、高齢になっても住み慣れた地域で暮らし、豊かな環境で子育てができる市民の力あふれる地域をつくります。

 

プロフィール



ほしば芳子活動報告
2015

2017年3月11日

「放射能汚染防止法」を制定する江別市民の会設立及び学習会報告
未来への責任・・・私たちの責任とは?
             放射能汚染防止法の早期制定を!

 
 生命や環境に甚大な影響を与える原発事故は、放射性物質の汚染など最悪の公害であり、重大な人権侵害です。3月11日、江別市民の会を設立し、山本行雄さん(弁護士、原子力公害に取り組む市民の会)を講師に、今改めて法の現状やどのような法整備が必要なのか、また具体的に何ができるのかを、市民のみなさんとともに考え共有しました。

 2012年 環境法が改正され、放射性物質が公害物質として位置づけられましたが、具体的な法整備は中断されたまま、さらに原発推進政策が推し進められています。山本さんは「現在の原子力関連の法律は、原子力を利用するために作られた法律であり、原発の安全基準も原発推進という枠組みのもの。これ以上の放射能汚染拡散防止、今現実に警告されている老朽化原発の廃炉、再稼働阻止など、脱原発を早めるためにも原発推進から汚染防止の法体系に転換することが必要」と話されました。福島県伊達市から札幌市に避難した宍戸隆子さんからは、差別される恐れから、放射能汚染を公害と認めたくないという複雑な心情の県民もいることに触れるとともに「自分が福島の人と避難している人をつないでいきたい。ぜひバックアップしてください」と呼びかけがありました。最後に、子どもたちを守るため、札幌・江別市民の会共同による「原子力公害」取り組み宣言を読み上げ、活動を拡げていくことを確認しました。


▲3月11日、野幌公民館にて

 


▲講師の山本行雄さん(弁護士、原子力公害に取り組む市民の会)3月11日、大麻えぽあにて

▲福島県伊達市から札幌市に避難した宍戸隆子さん

 

 

 

 

 

 

活動履歴

2017年2月4日
自治基本条例を生かしたまちづくり

2016年12月16日
人間らしい働き方を考える 働くことは、私の権利

2016年10月31日
こんなまちに暮らしたい

2016年10月8日
泊原発再稼動を止めよう!!

2016年9月1日
江別版 議会リポート2016年秋

2016年8月15日
8月15日 アジア・太平洋戦争犠牲者の市民による追悼の集い

2016年7月25日
予防接種、本当に必要なの?

2016年7月20日
みんないっしょ・・・がいいよね!

2016年7月15日
沖縄は、今・・・

2016年6月27日
平和憲法を守り、活かそう!

2016年5月22日
議会改革


【 バックナンバー 】



1958年  帯広市に生まれる
  76年  北海道立北陵高等学校 卒業
  78年  藤女子短期大学 家政科卒業
  78年  製薬会社勤務
  99年〜 生活クラブ生活協同組合・江別支部の運営に関わり、消費委員長、運営委員長を歴任
2004年〜 生活クラブ生活協同組合 理事(2006年まで)
  07年  江別市市議会議員初当選
  11年  2期目当選
  15年  3期目当選
 
〔現 在〕
●経済建設常任委員
●江別市議会副議長
●市民ネットワーク北海道 運営委員
●リサイクルせっけん協会北海道幹事




▲おもちゃフォーラムにて


▲江別の環境広場で