ほしば芳子活動報告
市民ネットワーク北海道
ホーム
 

2016年10月8日

             泊原発再稼動を止めよう!!

  東京電力福島第一原発事故から5年半が経ちますが、事故の収束はなく、福島県では未だ約9万人が避難を余儀なくされています。政府は、「もんじゅ廃炉」の方向としながらも核燃料サイクル政策は堅持する方針を示しました。このように、原発再稼働への動きが推し進められていることから、泊原発再稼働阻止に向け全国から多くの市民や団体が集まりました。

  10月8日、札幌で開催された「さようなら原発北海道集会」で、鎌田慧さん(ルポライター)は「原発推進の根拠は福島原発事故ですべて失われ、再稼働を進める根拠は“企業のカネ儲け”だけ」と話しました。上田文雄さん(前札幌市長)は、再稼働を止めるために市民の団結を呼びかけました。3.11後、福島県伊達市から札幌市に避難した宍戸隆子さんは「もしも泊原発が爆発したら、札幌に放射能が降り注ぎます。再稼働を止めてください」と、また、クマール・スンダラムさん(核軍縮平和連合)は、日本とインドの原子力協定阻止を訴えました。
  9日、泊原発再稼働阻止現地集会が、冷たい雨と強風の中、対岸に泊原発をみる岩内で250名の参加で開催されました。アイヌ民族石井ポンぺさんの大地への祈りと各地からの発言の後、泊原発再稼働反対と国内の全原発を停止し廃炉を求める集会宣言を採択しました。泊原発の事故を想定した風船を飛ばし、デモパレードを行いました。

▲2,500人が集結した大通公園西8丁目広場。
(10月8日)    
    

 


▲泊原発再稼働阻止現地集会で、250人の参加者が飛ばした風船は、強い西風にのって内陸へ飛んで行きました。
(10月9日、泊原発対岸にある岩内町旧フェリー埠頭緑地にて)


▲集会後、岩内の市街地をデモパレード(10月9日)

 

 

 

 

活動履歴

2017年5月3日
憲法施行70周年−「安保関連法」廃止・「共謀罪」阻止!守ろう!憲法集会− 

2017年3月11日
「放射能汚染防止法」を制定する江別市民の会設立及び学習会報告

2017年2月4日
自治基本条例を生かしたまちづくり

2016年12月16日
人間らしい働き方を考える 働くことは、私の権利

2016年10月31日
こんなまちに暮らしたい

2016年9月1日
江別版 議会リポート2016年秋

2016年8月15日
8月15日 アジア・太平洋戦争犠牲者の市民による追悼の集い

2016年7月25日
予防接種、本当に必要なの?

2016年7月20日
みんないっしょ・・・がいいよね!

2016年7月15日
沖縄は、今・・・

2016年6月27日
平和憲法を守り、活かそう!


【 バックナンバー 】