岩野みほ活動報告
市民ネットワーク北海道
ホーム
 

2015年12月25日
  
                 子どもたちを守るため
      〜放射性物質を規制する(仮称)「放射能汚染防止法」の制定を!

  生命や環境に甚大な影響を与える原発事故は、最悪の公害事故です。放射能汚染を取り締まる法律はありません。市民ネットワークは2011年より「放射能汚染防止法」制定運動に取り組んでいます。現在の法律の問題点等を共有しさらに活動をひろげるため、学習会を開催しました。  

  講師の山本行雄さん(弁護士)は、「原子力基本法は産業振興、環境基本法は産業規制が目的です。課題は放射性物質を規制対象とする法整備です。公害を規制する法制度と同様に、規制基準や環境基準を設置し放射性物質について基準を設けて強制することが重要です。法整備なしに放射能汚染は防げません」と問題提起されました。
国は、原発推進、川内・高浜原発など再稼働に突き進むべきではありません。子どもをはじめ人々の生命や環境を放射能汚染から守るため、「放射能汚染防止法」を制定することが重要です。

 
   
   

    
 


 


▲講師の山本行雄さん(弁護士・中央)、アドバイザーとして上田文雄さん(弁護士・右)にも参加して頂き、今後の取り組みについて情報共有しました。(12月25日)


活動履歴

2016年8月5日
沈黙と胎動の光景からのメッセージ

2015年11月2日
全ての遺伝子組み換え食品に表示を!

2015年10月10日
公共事業による環境への影響をチェック

2015年7月22日
戦後70年間の平和を私たちが守る!

2015年6月21日
市民の声を活かしたまちづくりを

2015年4月28日
「集団的自衛権」行使に向けた「日米ガイドライン改定」反対!

2015年4月27日
一人ひとりを大切にする南区をつくります

2015年1月20日
合同街宣スタート!

2014年7月20日
第1分科会 「組織を元気にする」

2014年3月8日
子どもたちの未来を守るため 泊原発再稼働・大間原発建設反対!

2014年1月20日
一刻も早く 子宮頸がんワクチン接種の中止を


【 バックナンバー 】