市民ネットワーク北海道
ホーム
 


市民ネットワーク北海道 運営委員

 

 

子どもの人権が守られ一人の人間として尊重される社会は、誰もが安心して暮らせるまちであると考えます。赤ちゃんから高齢の方まで、すべての人が自分らしく生きいき暮らせるまちづくりを目指し、みなさんと一緒に活動をすすめます。

 

プロフィール


2017年3月4日

住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために
         
在宅医療ケアを必要とする子どもたちの今


  2016年6月、障害者総合福祉法、児童福祉法の一部が改正施行され、初めて医療的ケアを必要とする子どもたちへの支援の必要性・充実が盛り込まれました。支援を必要とする子どもたちの現状を学ぶため、土畠智幸さん(医療法人 稲生会理事長)を講師に講演会を開催しました。

  NICU(新生児集中治療室)等に長期間入院した後、引き続き人口呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引や経管栄養などが必要な子どもたちがいます。稲生会(手稲区)では、自宅療養を支えるため、訪問診療・看護、入浴などの在宅生活支援、短期入所事業を行っています。また、北海道内各地の医療的ケアを必要とする子どもたちが、地域生活、学校生活を送るために、小児等在宅医療連携拠点事業(YeLL「いぇーる」)として、在宅医療や訪問看護を担う仲間(医療機関)を増やし、医療を福祉・行政・教育関係者とつなげる活動を行っています。
  土畠さんは「地域包括ケアを考える時に、医療従事者や専門家だけではなく、市民として一緒に何ができるのか、みなさんの意見を聞きたい。困難を抱える人々とともにより良き社会をつくっていきたい」と話されました。誰もが安心して暮らし続けることができる地域社会づくりに向け、市民が知恵を出し合い、行動するなど関わっていくことの必要性を確認しました。

 

          

 

    
▲講師の土畠智幸さん(医療法人 稲生会理事長)   
▲3月4日、ちえりあにて
                                         

 

活動履歴

2016年9月1日
日本脳炎ワクチンを誤接種!

2016年6月29日
憲法が保障する自由と権利を保持するため「不断の努力を」

2016年5月22日
第4分科会 調査活動

2016年5月15日
その予防接種、本当に必要なの?

2016年2月6日
誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けるため

2016年1月23日
「マイナンバーカード」は作らない、持たない

2015年12月10日
子どもたちをワクチン被害から守ろう!

2015年7月1日
より良い教科書を子どもたちに

2015年4月30日
誰もが安心して 自分らしく暮らせる 札幌をめざします !

2015年4月26日
誰もが安心して 自分らしく暮らせる 札幌をめざします !

2014年12月13日
障害があっても 地域で生きいき暮らしたい!


【 バックナンバー 】



    
1963年      長野県松本市生まれ
 82年      長野県立松本深志高等学校卒業
 86年     信州大学経済学部卒業
 86年〜93年  民間会社勤務
2011年〜12年  生活クラブ生活協同組合豊平支部運営委員長

〔現在〕  
●市民ネットワーク北海道 運営委員(2013年〜)
●子どもの未来を考える豊平ネット代表

 



  
全道100万人署名をアピール
  
  
パルコ前にて署名活動中