2007年2月1日

厚生労働大臣   柳沢 伯夫 様 

柳沢厚生労働大臣の発言に対する抗議及び辞任を求める要望

市民ネットワーク北海道 共同代表 佐藤 典子
 小倉 菜穂子


  私たち市民ネットワーク北海道は、生活者の立場から様々な問題を調査研究し、それを市民の代理人である議員を通じて政治の場で取りあげ、政策提案を精力的に行っています。少子高齢、格差拡大が進む中、特に子どもや高齢者、女性問題等には力を入れ課題解決に取り組んできました。

  そのような中、2007年1月27日に松江市で開催された自民党県議会の集会における講演の中で、柳沢伯夫厚生労働大臣は、少子化問題に触れ「15から50歳の女性の数は決まっている。産む機械装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」などと発言したことが報道により明らかになりました。「女性が子を産む機械」という大臣発言は女性の基本的人権を著しく侵害しており、男女がともに子どもを安心して生み・育てる環境を整備することを重要な施策としている厚生労働省の最高責任者としての自覚がここには全く感じられず、大臣発言として到底容認することはできません。少子化について一方的に女性にその責任を押しつけるこのような発言は、「リプロダクティブヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)」の概念である「子どもを産むか産まないか、いつ何人か」など女性の自己決定権やまた憲法第24条にある個人の尊厳と両性の平等にも著しく反するものです。

 安倍首相は今国会の施政方針演説の中で、日本が人口減少社会を迎える中で、国民が未来に夢や希望を持ち、より安心して生活できる基盤の整備を謳い、女性の活躍は国の新たな活力の源であり、仕事と家庭生活の調和を推進するとしています。政府の果たす役割は、安易な出産の奨励ではなく、子を産み・育てる環境の整備や男女が共に子育てと仕事の両立が図られるような環境の整備にこそあると考えます。
これらのことから、柳沢大臣が「女性を産む機械」とした女性蔑視の発言は到底許し難く強く抗議するとともに、大臣としての資質に問題があり大臣辞任を強く要求致します。