戻る
遺伝子組み換え作物
 北海道は、2004年3月、解放系での遺伝子組み換え作物の栽培を禁止するガイドラインを策定しました。BSE、鳥インフルエンザ、遺伝子組み換えイネの問題など、食の安全に対する市民の関心が高まる中、食の安全を確保し、地場農業や漁業を守る観点に立ち、「食の安全条例」作りを進めるべきです。

      ■今、危急。命の食を取り戻そう!(2017.3.4〜5)
      ■GMナタネ調査報告 北海道の食を守ろう!(2016.5.14)
      ■世界市民と連携し、実効性のあるGM食品表示制度を作ろう!(2015.11.21)
      「すべての遺伝子組み換え食品に表示を求めます」署名にご協力ください!(2015.10.16)
      ■北海道の食を守ろう! GM交雑・拡散の防止を(2014.6.4)
      ■人々の命、健康、暮らしを脅かす「TPPと遺伝子組み換え作物・食品」にNO!(2014.3.26)
      ■北海道の農業を守る(2014.1.30)
      ■食の安全を守ろう(2013.11.13)
      ■GMナタネの継続的な調査を!(2013.6.10)
      ■BSE全頭検査の継続を!(2013.4.22)
      ■食の安心・安全を生命を脅かすTPPに断固反対(2013.3.20)
      ■守ろう、かけがえのない命の糧を(2013.3.3)
      食の安心・安全を揺るがす、TPP交渉参加に断固反対!(2013.2.28)
      ■遺伝子組み換え作物(GM作物)自生対策(2012.11.20)
      ■実効性のある生物多様性保全を求めて(2012.10.29)
      ■食の安心・安全を!(2012.10.3)
      ■食糧危機をもたらす「TPP」交渉参加、協定終結に断固反対!(2012.3.30)
      ■TPP参加に異議あり!(2011.12.16)
     

■安心・安全な学校給食を(2011.10.11)

     

■北海道の農作物をGMから守ろう Part2(2009.4)

     

北海道の農作物をGMから守ろう(2009.2)

      ■食べたらどうなる?(2006.7)
      ■ 学習会報告「ご飯を守ろう!」(2005.9)
    新潟米に遺伝子汚染の危機!(2005.8)
    ■「植えたらどうなる? 遺伝子組み換え作物」札幌講演
(2005.7)
    ■食プロジェクトを設置します(2005.6)
    ■日本初の罰則規定を含んだGMO栽培規制条例が北海道議会で可決・成立(2005.3)
    ■「北海道をGM汚染から守ろう!全国集会」並びに署名提出 (2005,2)
     

■GM作物栽培を規制する条例を実効性のあるものにするための署名活動にご協力下さい(2004.11)
■長沼町のGM大豆の商業栽培を阻止しよう!(2004.10)
■「北海道遺伝子組み換えイネいらないネットワーク」が 北海道知事に申し入れ(2004.9)

■「遺伝子組み換えイネはいらない!!」活動報告集会と署名提出行動に参加(2004.2)
■遺伝子組み換え作物緊急講演会 広がる種子の汚染
(2003.7)

■GMイネ実験栽培反対 署名(2003.7)