戻る

 1986年、ソ連のチェルノブイリ原発事故により、8千q離れた日本にも放射能が飛来し、地球規模の汚染となり、数百年続く放射能被害が広がりました。また、2011年3月の福島第一原子力発電所の爆発による、放射能汚染、内部被曝の問題が深刻化しています。
     
    4.26チェルノブイリデー 「鎌仲ひとみ 講演会」報告(2017.4.22)
    ■「放射能汚染防止法」を制定する江別市民の会設立及び学習会報告(2017.3.11)
   

■原発ゼロ社会の実現を!(2017.3.11)

    ■〈未来への責任〉子どもたちを守るため 3月 「原子力公害取り組み月間」の活動を拡げよう!(2017.2.16)
    ■幌延を「核のゴミ」の最終処分場にしない!(2016.11.23)
    ■泊原発再稼動阻止!廃炉へ!(2016.11.13)
    ■泊原発再稼動を止めよう!!(2016.10.8)
    ■沈黙と胎動の光景からのメッセージ(2016.8.5)
    ■幌延、北海道に核のゴミはいらない!(2016.7.30)
    ■原発事故から5年 フクシマを忘れない!(2016.3.13)
   

■「放射能汚染防止法」の早期制定を!(2016.2.16)

    ■−子どもたちを守るために―『放射能汚染防止法」制定運動を進めよう(2015.12.25)
    ■幌延を「核のゴミ」の最終処分場にしない!(2015.11.23)
    ■北海道に「核のゴミ」はいらない!!(2015.6.2)
    ■核も原発もない持続可能な社会を(2014.10.4)
    北海道に「核のゴミ」はいらない(2014.8.4)
    「使用済み核燃料再処理事業」廃止を(2014.7.18)
    STOP! 核燃料再処理(2014.6.30)
    ■くり返さない! チェルノブイリ・福島(2014.4.19)
   

脱原発フォーラム報告 脱原発社会の創造 −いま、市民として取組むべきこと(2041.4.13)
【セッション1】脱原発政策大綱とエネルギー基本計画

    【セッション2】立地自治体の経済と原発依存からの脱却−福島原発事故から考える
    【セッション3】福島の現状から脱原発の未来を創造する−原発事故と暮らし(食・生活)
   

【セッション4】脱原発社会はこうしてつくる!市民として取組むべきこと

    子どもたちの未来を守るため泊原発再稼働・大間原発建設反対!(2014.3.26)
    ■脱原発社会の実現を(2014.1.17)
    ■子どもたちに原発のない持続可能名社会を!(2013.11.23)
    ■北海道への核のゴミの持ち込みは許さない(2013.11.23)
    ■未来への責任「汚染なき脱原発」を(2013.11.20)
    ■子どもたちに核も原発もない持続可能な社会を(2013.11.10)
    ■STOP 泊原発の再稼働!(2013.10.5)
    「原発事故子ども・被災者支援法」の具体的な施策の実施等を求める署名にご協力下さい(2013.9.19)
    ■子どもたちを放射能の被曝から守ろう(2013.9.2〜4)
    ■北海道に「核のゴミ」はいらない(2013.8.5)
    ■泊原発「再稼働」を阻止しよう(2013.7.19)
    ■−「原発ゼロ」への道筋を−泊原発再稼働申請に反対!(2013.7.5)
    ■原発のない北海道を実現しよう!(2013.6.2)
    再生可能な自然エネルギーの活用拡大をすすめよう(2013.5.15)
    ■いらない原発!変えようエネルギー政策(2013.4.26)
    ■原発再稼働「新基準」に異議あり(2013.4.17)
    ■原発のない社会を子どもたちに(2013.3.11)
    ■幌延深地層研究センター地下施設、基準超えガス等トラブルについて、「情報公開の徹底」と「幌延深地層研究の即時中止」を!(2013.2.27)
    ■放射線の健康被害を正しく知る〜内部被曝学習会〜(2013.2.7)
    ■全国市民政治ネットワーク 全国交流集会2012報告 第2分科会「脱原発に向けて」(2012.11.24)
    ■「大間原発」建設の即時中止を!(2012.11.3)
    ■子どもたちの未来のため 今こそ、脱原発を!(2012.10.13)
    ■放射性物質による汚染なき脱原発を(2012.10.6)
    ■脱原発で、再生可能エネルギーへの転換を(201210.6)
    ■「原発ゼロ」持続可能なグリーン社会をつくる(2012.8.25)
    ■自然エネルギーを私たちの手で(2012.8.18)
    ■止めよう!「核のゴミ」の地層処分 最終処分場につながる「文献調査」受け入れに反対(2012.7.29)
    ■「ドイツ・デンマーク」視察研修報告 持続可能な再生可能エネルギー社会を!(2012.7.20)
    ■さようなら原発10万人集会報告 市民の力で「原発ゼロ」社会をつくる(2012.7.16)
    ■原発はいらない!!「原発ゼロ」社会の実現を(2012.7.16)
    ■緊急申し入れ 大飯原発3、4号機再稼働 即時撤回を!(2012.6.16)
    緊急行動 大飯原発3、4号機再稼働は許さない
(2012.6.13)
    泊原発1、2号機再稼働中止等を要請(2012.5.22)
    ■光も風も水も氷も雪もバイオもみんな宝もの〜地産地消のエネルギー(2012.5.9)
   

■子どもたちを守ろう! チェルノブイリ、福島、北海道(2012.4.26)

    ■「止めよう!原発・再稼働」子どもたちを被曝から守ろう(2012.4.20)
      ■早期復興!なくそう原発!許すな再稼働!3.11北海道集会(2012.3.11)
      ■環境基本法「改正」に併せ、「公害犯罪処罰法」の放射性物質適用を求め、国へ緊急申し入れ(2012.2.24)

    ■北海道へ「泊原発1、2号機の再稼働中止とプルサーマル計画の白紙撤回を求める要望、及び、公開質問」と回答(2012.2.28)
    ■次世代へのメッセージ「原発ゼロ」社会の実現を(2012.2.2)
    ■放射能汚染対策の抜本的な取り組みを(2012.1.20)
    ■止めよう泊!脱原発社会(2012.1.10)
    ■泊原発1・2号機再稼働中止を申し入れ(2012.1.19)
    ■自然エネルギー社会の確立を(2012.1.10)
      ■市民の力で「放射能汚染防止法」を制定しよう!(2011.11.24)
      ■北海道へ核のゴミを押しつけるな!(2011.11.23)
      ■チェルノブイリと福島原発事故 内部被曝−放射線の脅威を科学的に見る必要性と隠された歴史−(2011.11.11)
     

■北海道における大規模太陽光発電の実用化にむけた取り組みを視察(2011.11.5)

     

■市民の力で「放射能汚染防止法」を制定しよう(2011.11.4)

     

■国の原発推進「賛成工作」に対する抗議、泊原発3号機のプルサーマル「やらせ」問題の徹底究明、及び泊原発3号機の即時停止を求め 緊急行動!(2011.10.13)

     

■9・19さようなら原発1000万人アクションin東京・札幌(2011.9.18〜19)

     

■持続可能な社会づくりを(2011.9.2)

     

泊3号機プルサーマル計画の白紙撤回を求める!!(2011.8.2・9.1)


   

放射性物質による環境汚染防止条例の早期制定を(2011.8.26)

      泊原発3号機の営業運転再開「容認」撤回を!(2011.8.17)
      泊原発3号機運転の即時停止を求め 緊急行動(2011.8.10)
      止めよう!泊 街頭署名活動を行いました!(2011.8.10)
      幌延深地層研究計画の即時中止を!(2011.7.31)
      「福島からのメッセージ」今!行動したい!!(2011.7.27)
      自然エネルギーは 3・11後の新しい日本社会の創出に向かう不可欠の資源(2011.7.9)
      脱原発社会の実現を求め街頭署名活動!(2011.7.7)
      再生可能な自然エネルギー社会へ転換を  止めよう! 泊・プルサーマル(2011.6.20)
      泊3号機「プルサーマル計画」の中止を求める(2011.6.17)
      ■〜脱原発・世界同時 100万人アクション〜
「歩こう脱原発!子どもたちを放射能から守ろう!!」
江別で行われたピースウォークに参加(2011.6.11)
      原発はいらない!再生可能な自然エネルギーへ政策転換を!(2011.5.20) 
      一刻も早い「原発推進政策」からの転換を!(2011.4.25)
      幌延深地層研究計画、泊プルサーマル計画に異議あり(2010.11.23)
      ■幌延を、核の最終処分地にしない!(2010.7.31〜8.1)
      ■「原発に頼らない暮らし方」で脱原発社会を(2010.4..25)
      ■幌延を核のゴミ捨て場にしない(2010.2)
      ■活断層の再調査と泊原発の稼働中止を求めて(2010.1)
      ■泊3号機の営業運転反対!プルサーマル計画を撤回せよ!
(2009.12)
      ■幌延を、核の最終処分地にしない(2009.10)
      ■放射能を出さないエネルギーへ(2009.10)
      ■幌延を、核の最終処分地にしない!(2009.8)
      ■命の視点に立つ、緊急被ばく医療体制の確立を(2009.4)
     

プルサーマル計画「了解」表明 知事に抗議、撤回を!
  (2009.3)

      ■泊「プルサーマル計画」 反対!(2009.2)
      「プルサーマル計画」 に 知事は責任ある判断を!(2009.1)
      「プルサーマル計画反対」の中止・撤回を(2008.12)
      小樽市に対し緊急要請行動(2008.11)
      有識者検討会議「安全性は確保」に異議あり!(2008.11)
      「プルサーマル計画反対」署名を提出!(2008.10)
      「導入ありき」のプルサーマル計画に反対PART4(2008.9)
      「導入ありき」のプルサーマル計画に反対PART3(2008.8)
    「導入ありき」のプルサーマル計画に反対PART2(2008.7)
    「導入ありき」のプルサーマル計画に反対(2008.5)
    22年目の4.26チェルノブイリデー市民集会(2008.4)
    講演会 「プルサーマル計画の問題点と現状」(2008.3)
    泊・岩内・共和・神恵内 現地にて申し入れ(2008.2)
    「青森県で核燃料を再処理するロッカショ工場を止めませんか」集会(2007.1)
    ■プルサーマル計画の中止を!(2007.12)
    ■北海道への「核のゴミ」持ち込みは許さない!(2007.11)
    ■泊原発3号機火災事故の原因究明と工事の全面中止を!(2007.8)
   

■4.26チェルノブイリデー「海も人も怒っている!」(2007.4)

    北電に「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」について質問状を提出!(2007.1)
      ■今も続く放射能の恐怖特集−1(2006.4)
      ■今も続く放射能の恐怖特集−2(2006.4)
    ■止めよう!六ヶ所再処理工場(2006.4)
    ■幌延深地層研究センター建設の中止を!(2005.12)
    ■核のない時代を次の世代へバトンタッチするために!(2005.12)
   

■関西電力社長、経済産業省原子力安全・保安院院長、同省 原子力安全委員会委員長、電気事業連合会会長に「関西電 力美浜原発3号機事故に対する抗議」文を提出(04.8.13)

    ■北海道電力社長に「美浜原発3号機事故にともなう泊原発の事故防止策に関する申し入れ」を提出(04.8.13)
      ■小泉首相と中川経済産業大臣に「核燃料サイクルにかかる  費用の試算隠しに対する抗議」文を提出(04.7.6)