戻る
憲法・教育基本法


 教育基本法は、戦前の教育勅語を否定して作られたものであり、平和主義・民主主義を掲げた日本国憲法と密接に関連する理念法です。国際化、グローバル化のすすむ 時代の中で教育の在り方も問い直されています。本来、「教育は一人ひとりの自己実現のためのもの」であるべきです。復古的、エリート主義的な論理で「国家のための教育」として教育基本法の理念がゆがめられることのないよう、市民として「内心の 自由」「基本的人権」の保障のため活動しています。

 

      ■「戦争法」今すぐ廃止! 「憲法改悪」今すぐ阻止!(2016.10.20)
      ■より良い教科書を子どもたちに(2015.7.6)
      STOP戦争する国づくり
海外での武力行使を認める 「解釈改憲」に反対(2014.3.27)
     

■平和憲法を破壊する「国家安全保障基本法」(案)に異議あり!(2014.2.20)

      ■多くの市民の力で憲法「改正」を阻止しよう(2013.6.25)
      ■「戦争する国づくり」をすすめる憲法「改正」反対!憲法フォーラムの  お知らせ(2013.5.22)
      ■「壊憲」を阻止し、平和・人権・国民主権を守ろう!(2013.5.2)
      ■異議あり!自民党憲法改正草案(2013.4.25)
      ■憲法「改正」に反対 市民の声を届けよう!(2013.4.17)
      沖縄復帰40年、憲法を私たちの手に!(2012.5.3)
      「沖縄と憲法9条」憲法を私たちの手に!憲法施行64周年北海道集会報告(2011.5.2)
      ■5・3憲法集会「平和憲法が危ない!」(2007.5)
      ■教育基本法「改正」案の衆議院強行採決に対する抗議
(2006.11)
      ■教育基本法「改正」に反対を!!(2006,6)
      ■講演「戦後民主主義の危機にどう立ち向かうのか」(2006.5)
      市民とともにすすめるノルウェーの平和政策(2006.5)
      ■市民の意思が正確に反映される国民投票のルールを!
(2005.10)
      ■「真っ当な国民投票のルールとは!」(2005.7)
      ■ 憲法「改正」・教育基本法「改正」問題プロジェクト発足
(2005.2)
     

■ 市民発の憲法論をつくるために 「市民立憲への憲法思考〜改憲・護憲の壁を越えて」 (2004,8)

      ■学習会報告 ストップ!教育基本法改定(2002,12)