戻る

「治水」「利水」の名のもと、日本中の河川に2700のダムが建設されました。政・官・財癒着システムが日本の川を破壊してきました。今や、不要になったにもかかわらず建設計画は500以上もあり、その中の一つが当別ダムです。市民が、計画後も見直されない「ムダな公共事業にNO!」の声を上げています。

    ■豊平川水道水源水質保全事業の検証を (2016.11.9)
    ■「豊平川水道水源水質保全(バイパス)事業」を検証(2012.9.2)
    ■当別ダムの水道事業及び、試験湛水の中止を(2012.2.16)
    ■当別ダム建設と湛水の中止を求める緊急要望(2011.12.22)
    ■住民の反対運動により石木ダムを阻止!(2011.10.22)
    ■ムダなダム当別ダムはいらない!(2009.12.15)
    ■ダムに頼らない治水の実現を!(2009.12)
    ■ムダなダム!当別ダムPart2(2009.10)
    ■ムダなダム!当別ダム(2009.10)
    当別ダム・不正な「一般競争入札」撤回を(2008.8)
    どんな川にもダムはいらない! 当別ダムの代替案を市民参加で(2008.4)
    当別ダムの3度目の再評価、建設中止の大きな山場!(2007.11)
    ■「当別川の学習会」を開催!(2006.11)
   

■ダムが川を破壊する!?(2006.7)

   

■市民不在の政策評価に異議あり!(20006.1)

    ■政策評価制度の改善を!(2006.1)
    当別ダム事業の総合的な検証を!(2005.12)
   

■当別ダム建設事業の評価見直しを求めて!(2005.11)

    ■「当別ダム」は本当に必要? 未来に残そう!当別の自然を(2005.10)
    ■当別ダム、抜本的見直に大きく前進!代表質問で石狩市長の英断を引き出しました(2004.3)