介護保険制度は、高齢者の生存権を支える社会保障制度です。「介護は社会の仕事」という基本的理念のもと、利用者のニーズに応えられる制度が求められています。2012年に
制度見直しが始まることから、さらに利用当事者の声を反映するため、他団体と連携しながら活動をすすめます。


      ■ホームレスなど生活困窮者への伴走型支援の拡充を(2017.4.4)
      高齢になっても障がいがあっても、ともに地域で安心して自分らしく暮らすために(2016.3.11)
      高齢になっても 地域で安心して暮らせる社会に!(2014.08.28)
      ■全国市民政治ネットワーク全国交流集会2014報告 第5分科会 福祉バスツアー 生活クラブいなげ・八街見学(2014.7.20) 
      すべての人が働きやすいしくみづくりを(2014.4.12)
      ■誰もが安心して 地域で生きいきと暮らしたい(2014.1.20)
     

介護保険スタートから13年地域で暮らし続けるために
(2013.9.30)

      多世代がともに利用できる「共生型の複合施設」を
(2013.9.30)
     

■在宅介護者への支援の充実を!(2012.11.20)

      ■すすめよう!誰もが地域で安心して共に暮らすまち(2012.8.17)
      ■身近な地域で参加型福祉を(2012.1.18)
     

■高齢になっても地域で安心して暮らせる 介護保険を!
(2011.12.12)

      ■"複合でつなぐ”地域の暮らしと福祉(2011.11.28)
      ■医療的ケアを必要とする重症心身障がい児・者への在宅支援の拡充を(2010.1)
      障がいがあっても地域で暮らし続けるために!(2009.12)
     

■一緒に考えよう、〈支え合い〉社会(2009.10)

      ■地域で生き活きと暮らすためのしくみづくりを(2009.7)
     

■知的・精神障がいのある人の就労を(2009.5)

      しっかりしなきゃ! 介護保険(2008.9)
      障がい者福祉政策の現状と課題(2008.3)
     

■だれもが安心して暮らすために(2006.9)

     

介護保険事業計画へ町民意見の反映を!(2005.12)

     

■介護保険制度見直しの課題(2005.9)

      ■支援費制度の検証と今後の課題「障がい者の地域生活をどう支えるか?」(2005.1)
      ■どうなる?!支援費制度(2004.7)
      ■障がい者「雪中デモ」と「脱・施設」集会(2004.2)