立野のり子活動報告
市民ネットワーク北海道
ホーム
 

2014年8月4日

STOP再稼働! さようなら原発北海道集会報告

             核も原発もない持続可能な社会を

九州電力川内原発は、地震や火山などの危険性が指摘されているにも拘わらず、原子力規制委員会は「新規制基準に適合する」として、9月10日、「再稼働」を事実上容認しました。北海道においても、泊原発3号機の審査がすすめられており、なし崩し的に「再稼働」することが危惧されます。政府は、規制委員会が「安全性」を確認した原発は「再稼働」するとしており、全国から「再稼働反対」の声を上げるため北海道集会を開催しました。

  集会の呼びかけ人である小野有五さん(北海道大学名誉教授)は「原発が動かなくても、事故がなくても、放射性廃棄物は残る。ドイツでは、技術者ではなく、倫理委員会が原発の中止を決定した。原発をやめ、安全な北海道をつくるべき」と呼びかけました。また上田文雄さん(札幌市長)は「原子力災害避難計画では、放射性プルーム発生後の大雨等は想定していません。泊原発の再稼働はあり得ません」と強く訴えられました。
 北電は、電気料金の再値上げを申請していますが、一方的に利用者に負担を押しつけるのではなく、「再稼働」を前提とした経営体質を見直し、「廃炉」と「再生可能な自然エネルギー」への道を選択すべきです。次世代に核も原発もない
平和な社会を引き継ぎましょう。

 

 


雨にもかかわらず約3500人が集まり、特別ゲストの加藤登紀子さんは「核の時代を終わらせなければならない」と訴えました。(大通公園西8丁目広場)

  


活動履歴

2016年9月19日
「戦争法」廃止!「憲法改悪」今すぐ阻止!

2016年3月12日
若者とワイワイおしゃべり『それって政治!?」

2015年12月21日
個人カードは必要ない!

2015年5月25日
誰もが生きいきと 「働く」「暮らす」ことができるまちづくりをすすめます!

2015年4月30日
誰もが生きいきと 「働く」「暮らす」ことができるまちづくりをすすめます!

2014年12月17日
武力で平和はつくれない

2014年11月19日
すすめよう!市民によるまちづくり

2014年10月17日
札幌、北海道から男女平等社会の実現を!

2014年6月15日
憲法を遵守し、武力によらない平和を

2010年6月29日
女性が自分らしく働き・暮らすためにどのようなしくみ・制度・サービスが必要か

2009年12月20日
議員年金制度廃止を!


【 バックナンバー 】