遺伝子組み換えにNO!

生活クラブの調査により、小樽の港湾周辺で遺伝子組み換えの自生ナタネが発見されました。遺伝子組み換え自生植物においても近隣ナタネと交雑し、拡大汚染が危惧されることから、北海道に対し、具体的な方策等の要望を行いました。道は、港湾管理は国の責任ですが道としても農水省に要請していくとの見解を示しました。今後、運動グループで農水省にも要望していきます。

(8月27日、北海道庁にて)