8月15日アジア・太平洋戦争犠牲者の市民による追悼街宣 報告

敗戦から74年。日本人を含め2千万人を超すと言われている全ての戦争犠牲者の追悼を行いました。しかし、安倍政権は、「改憲」を推し進め、戦争する国へと突き進んでおり、断じて認める訳にはいきません。命を奪い合う戦争を二度と繰り返さないよう、戦争放棄を謳う平和憲法を守り活かすとともに、アジア近隣諸国を侵略した歴史にしっかりと向き合い、戦争の記憶を継承し、世界の平和の実現に向け行動していきましょう。

 

8月15日、大通り西2丁目にて